読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かん吉めがね

日々の出来事を書きながら、たまにはいつもかけてる眼鏡をはずして、気づいたことを少しづつ書いて行こうと思います。

人生の恥はかき捨て。あとになったら笑い話でいい思い出でいい経験です。

今日はすごくうれしい知らせが届きました。

私の大学時代のクラブの先輩(実は私は大学時代フォークソングクラブにいたんです。あの吉田拓郎がいた大学です)の娘さんが今度の日曜に結婚するそうです。はじは

そう、今から24年前、広島で、いや日本で初めてサッカーのアジアカップが行われました。

そして決勝戦を広島ビックアーチ(現エディオンスタジアム)に見に行ったんですが、その時その先輩と家族も一緒に行ったんです。

この娘さんは4歳だったんですが非常に好奇心旺盛な女の子で、スタジアムが満杯のお客様なのにかまわずあちらこちらへ動いて行って、ついには迷子になってしまったんです。

先輩が探し回って、最終的には迷子の案内でみつかったようでした。

最近先輩と話をしましたが、やっぱり今で好奇心旺盛な性格でおもしろいそうです。

やっぱり懐かしいですねえ。先日の同窓会もそうでしたが、ふっとその当時に戻ってしまうような事に出くわすことが時々あります。

人は忘れることができる生き物なんです。そうですよねえ。いやなことやつらかったことも一杯あったんですが、不思議と今思えばそれも懐かしく思えるんですねえ。

どなたかおっしゃってましたが、何かしようかどうしようかと迷ったときに、恥をかいてもやってみたことは、もし失敗しても、その時はつらかったり恥ずかしかったりしても、あとになったらすぐにいい思い出になる。笑い話になる。それよりも結局考えたたでけ何もしなかった方が後悔するよって。

まさしくそうですようねえ。

ん。後悔しないように行動するぞ!

といっても、犯罪はダメですよ。はいわかっております。

これからいくつチャレンジできるかなあ。うん、年齢は関係ない。この世を去る日まで好きなことを探し続けて、笑顔で楽しんでやっていくぞ~