かん吉めがね

日々の出来事を書きながら、たまにはいつもかけてる眼鏡をはずして、気づいたことを少しづつ書いて行こうと思います。

人生の重要な?分かれ道について。

今日は大学時代の陳プレイを書いてみたいといます。

 

私が通った大学は、広島市の郊外(広島ビックアーチ・今のエディオンスタジアム)の真向かいの山の中腹にあります。

 

広島修道大学という学校で、昔は広島商科大学という名前でしたが、私が入学する5年ほど前に名前が変わりました。と言ってももうかれこれ40年ほどもたちますが。

 

有名な出身は、フォーク界の大御所 ”吉田拓郎” そしてミュンヘンオリンピックの100M平泳ぎ金メダリストの”田口信教”です。

 

さて私の事に戻りましょう。

大学受験の際、私は理系か文系か迷っていました。模擬テスト受けてもどっちとも言えず、結局文系2校、理系2校を受験したのです。

 

そして受かったのは文系2校。

 

ここで第一の人生の選択がありました。以前ひょっとしたら書いたかもしれませんが、結局通うこととなった修道大学ではないもう一校の方は、兄が通っていた学校でした。私の家は神主の家のため、神主の資格も取れる大学に兄は通っていて私もそこを受けたのでした。

 

もし、兄の通っていた学校を選んでいたら、1年は兄とダブっていたし、しかも兄は優秀だったので、ひょっとしたらちやほやされ。。。全く今とは違う人生になってたかも。。。

良くも悪くも。

 

でもそこで変なあまのじゃくが出てくるんですよ。

不思議なもんで。兄と同じレールは。なんてカッコつけて。

 

でもほんとに兄の学校にいってたら違う人生だった気がします。

 

ただ、もしそうしてたら、あやさんにも会えなかっただろうし、今のステキな友人たちともあえなかったんで、これはこれでやっぱり必然だったんでしょう。

 

さて、そんなこんなで選んだ大学に入りましたが、そこでまた一つ選択が。

クラブは何に入ろうかと。

 

高校時代は、サッカー部(中学時代に剣道初段落ちたんで)だったんで、一応サッカーも考えました。

そしてもう一つは音楽関係。当時のフォークソングが大好きだったんで。

 

でも結局選んだのはフォークソングクラブ。

サッカー部は、

『根性のないやつははいってくるな!』

っていう感じのかなりマジなクラブのようでしたので、ついつい心が楽なほうへ。。。

 

ありゃ~。剣道初段落ちて、やめた時といっしょじゃん。

 

まあ、性格はそう簡単にはかわりませんわ。

 

そして見事フォークソングクラブにはいり、ほとんど毎日クラブハウスに行ってギター弾いてうたってました。運よく才能あるやつと二人でコンビを組むこともでき(実はその相棒も神主の息子だんたんですが。偶然にも)オリジナルを作って毎日練習の日々でした。

ほとんど授業には出ず、必修の語学や体育ぐらいしか。

 

でも、1回生の試験では、単位を落とすこともなく、ほぼ全部取得できました。

 

そしてこの時『な~んだ。大学って簡単なんだ』っていう錯覚に。

 

1回生の時は一般科目で専門科目ではないため、授業にでなくても、わりと簡単に単位が取得できたんです。

この落とし穴にはまったのが2回生の時。

 

一回生の時と同じく練習ばかりで授業には出ず、試験が終わってみたら半分も単位がとれず。

 

挙句に学生科から呼び出され、3回生も同じような成績だと奨学金が打ち切られるって。

 

え~!!!!

 

そう、奨学金をもらってたんです。

こりゃあやばい。

親に顔向けできん。しばかれる。でも3回生はクラブが一番忙しく授業に出れない。

あ~どうする。

 

しかたない。持つべきものは同級生の女子の友。

同じクラブの女性陣は、3回生になってクラブをやめてたので、授業にもでており、頼み込んでノートのコピーをひたすら収集。

12月の頭にクラブの最後のコンサートが終わるまでは勉強はできなかったけど、コピーだけは集め、コンサートが終わり後輩に受け継ぐ打ち上げコンパなるものをした翌日から、1か月間、生まれてこんなに勉強したことないっていうぐらい、勉強しました。

 

おかげさまでなんとか予定の単位は取得でき、奨学金打ち切りや3回生終了時点での留年という親に言えないような事態だけは避けることができました。

そしてなんとか4年で卒業することに。

 

いや~人間せっぱ詰まればやるもんじゃと自分でも感心の一か月間でした。

 

まあ、せっぱ詰まってそうなる前にもちっと 考えるべきですが。

 

でもこの教訓がはたしてこれまで生かされてきたのだろうか?????

 

でも、無事で、それなりに楽しく生きているのでよしとしよう!

 

やっと我が家の2階にもエアコンじゃあ!

この1週間ちょっとの間に、悲しい出来事が起こりました。


そして胸の痛む出来事が多いこの日本で、日本代表は感動与えてくれました。



さて、先日元会社の先輩と一杯やりに。

つい最近近くにできた居酒屋  

               So〉Ta

というお店に。

f:id:kankichikambe:20180717215853j:plainf:id:kankichikambe:20180717215931j:plain

f:id:kankichikambe:20180717220107j:plain

朝しめた鳥を使ってて、新鮮でしかも量が多い。

普通は串に刺しますが、皿に出てきて大ぶりなねたです。


久しぶりにゆっくりと先輩と飲んだんで、話も酒もどんどんススムくんでした。


翌日も休みということで、夕方5時頃から始めて、二次会はカラオケボックスナツメロ歌いまくり、最後はラーメン&餃子で締めのビールとフルコースでした。


夜11時頃帰宅。


風呂入って、もう限界っとおもったけれど、やっぱりワールドカップ決勝見てしまい、寝たのは2時半。


しかし一気に猛烈に暑くなりました。

みなさまも熱中症にはお気をつけください。


私は以前東京にいる時、サッカーの後に熱中症で倒れかかったことがありますので、苦しさと怖さがわかります。


とにかく無理せず早めのHospital!


ということで、実は我が家にの寝室にはエアコンがありませんでした。

リビングにはあったんですが、寝るときゃ窓開けたら風入るし。という理由で去年まで頑張りましたが、今年はもう命の危険を感じるほどの暑さ。。。。


そしてついに2階にもエアコンじゃあ!


でも取り付けはこんどの日曜。


それまでに干からびないよう注意せねば。



全員警告って?

サッカー日本代表すごいですね。

 

前評判を覆し、決勝トーナメント進出!

 

色々意見もあるかもしれませんが、喜びましょう。(私は大いに喜んでおります)

 

ちなみに私の大会前の予想は、一勝2分けで予選突破。

 

この予想ほんどですよ。サッカー好きの友人にメッセージで送ってますから。

ちょっと違いましたが、なかなかの予想でしょう。

 

まあ、予選リーグについては様々な方が意見を発信されていますので、これくらにして。

 

今日はそのサッカーについて、高校時代のちょっとしたエピソードを書きたいと思います。

 

私は高校からサッカーを始めたんですが、(前回のブログに書きましたが、普通落ちるはずのない剣道の初段試験に中学時代に落ちたため)当時のわが校のサッカー部はかなり弱い状況でした。

所属していたのは、福山市の高校リーグの2部でした。

私の1つ先輩の代から少しづつ強くなり、私が2年の時にその先輩たちの力も借りながら、最後になんとか1部との入れ替え戦に出場することができました。

 

そしてその重要な試合で、今から思えばあり得ないジャッチがありました。

お互い負けられない試合で、かたや1部残留を、かたや一部昇格をかけた激しい試合です。(J1とJ2の入れ替え戦ほどじゃありませんが)

 

お互いかなりエキサイトしていき、激しいスライディングやら暴言やら。

 

確かに危険なプレーなどもあったと思います。

 

主審もなかなかコントロールが難しかったのだろうという気がします。

まあ17・8歳の怖いもの知らずの血気盛んな時でしたから。

 

そしてついに主審も、あきれ果てたのでしょう。笛を吹いていきなり、

 

『ええ加減にせえ。おまえら全員警告じゃ!』

 

あろうことか、全員警告ですよ。

 

その時主審はイエローカードに全員の番号を書いたのだろうか。

と今思い出しても、そんな時間はなかったはずですから、たぶんカードに、

 

『両チーム全員警告』

 

って書いたんでしょうね。

 

サッカーと言えば警告は付き物ですよね。今回のワールドカップも日本はその少なさで決勝トーナメントに行けました。

 

でも、全員警告って。。。。。

 

試合の方は残念ながら負けてしまい、念願の1部昇格は果たせませんでしたが、これもまた懐かしい思い出です。

そうそう、その相手の高校がたぶん、あやさんの母校だったような気がします。

 

そして今もシニアチームで一緒にサッカーしている人に中に、この時の試合で一緒に戦ってくれた人がいます。

うれしいかぎりです。

 

さて、火曜の朝は運命のベルギー戦です。

あのオシム元代表監督も、少しだけ日本のほうが有利なのでは。

って言ってくださってます。

 

すごく力強い言葉です。

 

とにかく一発勝負ですから、アグレッシブに戦ってほしい。

そしてもう一度世界をアッと言わせてほしい。

 

でも全員警告にはならないでね(笑)

 

 

 

 

中学時代のこと覚えてます?

前回は小学校時代の、ちょっと情けないお話をさせて頂きました。


今回は中学時代のことを少し書こうかと思います。

私の兄の時までは家から歩いて行ける場所に中学があったんですが、私の時には合併があって歩いては行けない場所の中学に通うことに。


車で行ったら30分ぐらいのとこなんですが、交通手段がないため、寄宿舎(寮)に入ってました。


毎週月曜日に行って、土曜日に家に帰る生活です。さすがに初めのころは、家が恋しくて寂しかった覚えがあります。

でもその頃寮に一緒にいた友人とは今でもたまに飲みに行ったりしてます。


今から思えばいい経験。


剣道部に入り、あのくっさ〜い服と防具を毎日つけて、叩き叩かれしてました。そこそこ強かったんですよ。


でも中学時代に、普通落ちる筈のない初段に落ちて、高校ではサッカーを。

まあでも、それで今でもサッカーできてるんで良かったかもですが。


さて、そんな中学時代を過ごしていた私ですが、なつかしい思い出を一つ。


掃除時間の時の出来事。


教室の窓の外に、ベランダらしきところがあり、そこでいつもサボって、ジュースの蓋(当時は王冠だったかなあ)を使って2メートルぐらいの距離でサッカーをしてました。

ゲームセンターにある、エアーホッケーを足でやるようなもんです。


いつも仲の良い4人でやってたんですが、ある日突然担任の先生に現場を押さえられました。


それまでは全く気配も無く、見つかるわけないとみんなたかをくくっていたんです。


やはり、悪いことはできませんね。


先生が「おまえらそこへ並べ!」


と大声で。


あちゃ〜


しかたなく並ぶと、順番に平手打ちを。。。


痛・痛・痛・痛〜


今なら体罰じゃあ、って親が怒鳴り込んで来るんでしょうが、恥ずかしくて親になんぞ言えませんでしたよ。


でも野球部の顧問をしてる先生で、腕力はありましたが、ちゃんと手加減と耳に当たらないよにしてくれたように覚えてます。


これもまあ、いい思い出です。


しかし、なんとも、しょうもないことを覚えてるもんですね。


やっぱりそいうもんでしょうか。




子供の頃の自分ってどんな子だったか覚えてます?

よくテレビのインタビューなんかで、芸能人やスポーツ選手が、


『子供の頃の私はめちゃくちゃ人見知りでした』とか『だけど好奇心は人一倍強かった』


なんて自分のことを話してるのよく聞きます。

じゃあ私はいったいどんな子供だんだろう?


簡単には言い表せない気がします。

でもここはひとつ50年前にタイムスリップして、そのころの自分を思い出してみようと思います。


まずは可愛かった?小学校時代から


私の通った小学校は、全校児童が30人前後のちっちゃな学校。複式学級(1年生と2年生、3年生と4年生、5年生と6年生の3つの学級に分かれて授業を受ける)の学校でした


先生は校長先生、教頭先生ともう1人女性の先生だったと思います。


確か同級生は8人で、女子が6人。女子が多い小学校でした。


そんな田舎の山奥で育った私ですが、母親はよく私のことを、人前でしゃべったり、周りの人に気の利いたことが全然できない子供だった、って言ってました。


自分ではそこまで人見知りで気の利かない子供だったとは記憶してないんだけど。

だって児童会長もしてたんですよ。


でも親にはそう見えたのかも。


ただ、少し違うけど、私の子供の頃を(ひょっとしたら今も)を象徴するような失敗談をお話しします。


そう、あれは冬の寒い日、雪はすでに30センチほど積もってました。


小学校の授業が終わり、方向が同じ友達3人ほどと一緒に下校中。


雪が積もった時は田舎では定番の、みんなで立ちション!

4人で気持ちよく雪に文字書いてました。


すると近くに止まってた車からおっちゃんが出てきて、

『お〜いお前ら』

あ、こりゃおこられるんか?

と思いきや、


『車が雪にはまって動かんのじゃ、ちょっとおしてくれんか』


なんだ、そういことか、そこで他の3人は立ちション終了してすぐに車を押しに。


でも私は一瞬怒られるんじゃないかという最初の恐怖からか、立ちションがなかなか終了せず、車が脱出した直後に参戦。


車は無事脱出。

おっちゃんは、他の3人に、ありがとうと言って、10円をくれたんです(10円で当時はアイスクリームが買えた)。

私も一応最後だけちょこっと押したんで、ということで10円もらいにいたんですが。。。


おっちゃんは、

『あんたあ何にもしとらんけえ、やれん』


えええええ!


子供心に、めっちゃくちゃな敗北感。


もうちょい早く立ちション終了してたら。。。


こんな少年でした。


でもなんでこんなしょうもない事おぼえてるんかなあ。

と考えてみると、どうも今も時々近い事件があるようで。

それで思い出すんでしょうかねえ。


なんかいざという時、1人取り残されてるような孤独感。


仲間に入ってそうで、忘れられてるような寂しさ。


でも結局人間一人で生まれて一人で死んで行くんだし。

なんて無理やり自分を慰めに。。。


まあ、まわりを必要以上に気にするのはやめようっと!


ということで、本日は小学校時代の珍メモリーでした。




私は何故今の仕事をしているんだろう?

かなり久しぶりの更新となりました。

GW明けからサボリぐせが。。。


さて、みなさんは何故今の仕事をしてるんだろうって考えたことあります?

ふとそんな事が頭をよぎり、自分のことを書いてみようと思い、今日は書き始めています。


わたしは今56歳。もう社会人になって34年以上たちました。

最初は広島の私立大学を卒業し、薬の卸会社に就職。でもこの就職の時もちょとした失敗がありました。

このころは、仕事は選ばなけりゃ何でもある時代で、ほとんど就職活動もせず、4年生の秋口からやっと実際に動いたような気がします。

結局、一応本命の農協、生協、そしてアパレル系を受けました。

生協は最初に試験を受け、あっさり落選。アパレル系はすぐに合格出してくれましたが、農協の結果待ちのため一旦断り、でも農協が落ちて、再度アパレル系の会社にお願いしたらもう他の人に決まってしまったと言われ。。。


そりゃそうですわねえ。そんな虫のいい話はありませんわ。


でも、楽勝と思ってた就職が一転、暗雲立ち込める事態に。

流石に就職出来ないと、学費を出してくれた親に顔向けできん。


そこで思い出したのは、大学のクラブの先輩が行っている薬品の卸会社。

ひょっとしたら、まだ募集してるかも。

運良くまだ募集しており、先輩の口ききもあり無事就職。

やれやれ、一安心。


まあそんな、すったもんだのあった私の最初の就職活動でありました。


でもこの会社には4年弱しかいませんでした。配属となった場所が広島市ではなく、呉市(仁義なき戦いの舞台となった場所です)だったことや、仕事の相手がお医者さんということもあり、少しづつ転職を考えるよになっていました。


そんな時、またクラブの違う先輩から声がかかり、今いるアパレル系の会社の広島営業所に来ないかと誘われ、一度はアパレル考えたんだし、広島に戻れるならというのもあって、転職したのです。


それからかれこれ30年以上です。当然転勤やら出向やら、転籍やらいろいろ経験して今に至るというわけです。


そして最初書きました、何故今の仕事をしてるのだろうと考えてみると、やはり縁があったのかなあ。という結論なのでしょうか。

あやさんと結婚したのもこの会社にきたからだし。


でも、この会社に引っ張ってくれた先輩は他界してしまい、広島の営業所もすでにありません。


時代はどんどん変わって行ってます。

私自身も何か変わらないと。

さもないとどんどん取り残されて行くんじゃないかと不安にかられます。


縁を大切に、出会いを大切にしながら自分も、環境も変えていけるようにしたいですね。

そして好きな事を仕事にできたらなあ〜

そんな夢みたいなこと。って思われるでしょうが、まず思わなけりゃ実現はしないでしょ。

よし、もっともっと好きなこと見つけて、やってみようっと。



比内鶏の丸焼き

 GW最後のイベントはあやさん実家にての焼肉パーティとなりました。

あやさん兄の家族6人参加のにぎやかな焼肉。

 

今回は秋田のあやさん姉が送ってくれた比内鶏を丸焼きにするという贅沢なオプション付き。

朝10時前頃より準備に。

f:id:kankichikambe:20180506121749j:plain

りっぱな鶏ですが、どうもお辞儀しているように見えてしまい、こんないたずらを。

この鶏のおなかの中にピラフを入れて、レンジで焼くこと約1時間。

f:id:kankichikambe:20180506122112j:plain

こんなに美味しそうに焼き上がりました!

 

この鶏の準備の間、私は用無しの状態。

そこで、先日植えたアスパラが生えてきたとの情報を得たため、写真を撮りに。

f:id:kankichikambe:20180506130305j:plain
f:id:kankichikambe:20180506130238j:plain
苗によってだいぶ伸びる速さに差があるみたい。

これはもう収穫できるんじゃない?

と、素人の私たちは思ったんですが、あやさん父が、「馬鹿なこと言っちゃいかん。最初に生えてきたやつが幹となって、秋か来春に出てきたやつがようやく収穫できる」とのおしかりを。

はは~なかなか素人ではわかりません。さすがセミプロのあやさん父です。

 

とはいえ、なにはともあれりっぱに育ってきてくれているので、楽しみです。

 

さて、その後はどちらの家でも同じように炭で火をおこし、子供たち中心のメニューから焼きはじめ、ビールを飲みながら最後に

比内鶏の丸焼きピラフ入り”

を食べて終了。

 

今回のGWは、長崎のサンフレツアーから始まり、サッカー公式戦、タケノコ掘り、焼肉と、いろいろとイベントの多かったお休みとなりました。

満足満足。

 

でも少し疲れたので、本日GWの最終日は家でま~ったりとすごします。

 

明日からまた通常の生活にもどるんで、ガンバって頭きりかえて。