読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かん吉めがね

日々の出来事を書きながら、たまにはいつもかけてる眼鏡をはずして、気づいたことを少しづつ書いて行こうと思います。

私の大好きうどんは、実は富士吉田のうどんなんですよ。

先日会社のOBの人や、現会社の人たちと牡蠣パーティがあたったんです。残念ながら私たち夫婦は急きょ参加できなくなり、瀬戸内の広島牡蠣の満喫をのがしてしまいました。

でもそこに参加した会社のK君が、わざわざパーティに持参したお土産のうどんを、私たちの分ということで持ってきてくれました。

それがこれ☟

f:id:kankichikambe:20161114230025j:plain

そうです。讃岐です。やっぱりうどんは讃岐でしょう。K君の奥ちゃまがそちらの出身とのことです。私も営業で高松方面行ってた頃は、よくお気に入りの店のカレーうどん食っておりました。

うどんといえば、あやさんのお父さんの実家が秋田のため、我が家ではよく稲庭うどんが出てきます。これはまた、つるっとした触感がなかなか独特でおいしゅうございまず。他には伊勢うどん。これは少し濃いこってりのつゆだったと思います。

そして実は私の中で密かにトップに来るのが、山梨の富士吉田の吉田うどんなんです。

まさしくB級グルメにふさわしく、具が目いっぱい入ってて、そうキャベツなんかもたっぷりはいてるんです。麺は腰があるというより、メリケン粉~って感じの独特の硬さ。

そんでもって、それが普通の民家で営業してるんです。しかもちっちゃな町にあちこち看板が。民家の広間でやってるんです。中には、ほんとに、普通に玄関開けて、家の人の靴のとなりに靴脱いで、居間にいって、仏壇の前のこたつにはいって、奥の台所で作ってきてはいどうぞって。。。

うん。懐かしい。もう転勤してしまって、10年以上食べてないです。でも他のうどんにはない、パワーがある気がします。そちら方面に行かれる方は是非ご賞味を。

では今日はうどん話ということで、お開きに。