読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かん吉めがね

日々の出来事を書きながら、たまにはいつもかけてる眼鏡をはずして、気づいたことを少しづつ書いて行こうと思います。

Jリーグ最初の日本人ゴールはサンフレッチェ広島の風間八宏くんでした。

懐かしい写真を見つけました。

かれこれ23年前でしょうか。Jリーグが開幕した時のサンフレッチェ広島のキャプテン風間八宏です。(現在の川崎の監督)

f:id:kankichikambe:20161005223242j:plain

(サンフレッチェオフィシャルショップに飾ってある写真から)

そしてこれは記念すべきサンフレッチェの開幕戦で、風間八宏が入れたゴールのシュート場面です。

私の記憶では、このシュートがJリーグの日本人初ゴールだったはずです。前日の夜、マリノスヴェルディで開幕したJリーグでしたが、その時はヴェルディのマイヤーがJリーグの初ゴールを決めましたが、日本人ではありませんでした。

この風間の見事なボレーシュート、プロリーグの日本人初ゴール、これは歴史に残る事実だと思います。

実は風間君は私と同い年で、しかも宏の字が私の名前の字と同じで、しかも広島に来てくれたのですごく愛着のある選手でした。

そしてその年の10月にあのドーハの悲劇があり、その時にサンフレッチェの一員だった韓国のノ・ジュンユンと現サンフレッチェ広島監督の森保は最終予選で戦い、森保は涙をのんだのでした。。。

そしてそして翌年のJリーグ、まだファーストステージとセカンドステージでやってた頃、ノ・ジュンユンはアメリカワールドカップに出場し、その出場中にサンフレッチェはファーストステージを優勝したのでありました。

そしてそしてそして、セカンドステージの優勝チームのヴェルディとチャンピオンシップを戦い、負けたのでした。。。。

そんでもって去年、その借りを21年ぶりに返して、チャンピオンになったのでした。

ドラマじゃのう。

めでたしめでたし。サンフレッチェ物語でした~